FC2ブログ
ラスとリスの記憶
コーエーのオンラインゲーム「大航海時代」のプレイ日誌です。たまにリアルネタ?みたいなのも あったりします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大海戦初参加
大海戦行ってきました。

最近英国は大海戦から遠ざかってたので
実は初参加だったりします。
(前回は入港許可書がまだありませんでした)

1日目、2日目は参加できなかったので、
3日目のみ参戦です。

初参加を言い訳にしてはいけませんが、
最初にミスを犯しました。

そうです・・・


















開始時間間違えましたorz







なぜか二時間も勘違いしてましたよ・・・


そりゃあINした直後のアテネとか人少ないはずですねw


しかも、1日目は逆に遅く1時間勘違いしていて、
それで出れませんでしたw


「1日目失敗してるんだから3日目気づけよ・・・」
って突っ込みは却下でw




当然、大海戦まで時間が余ってた僕は
バザー放置で離席していたら
前日の落ちる寸前で艦隊誘ってきたりざっち
にtellされてました。


メシ食って風呂入ってる間に奇襲攻撃とはやるなw



戻った後、今日組むことを正式に約束すると、
りざっちも今のうちに離席するとのこと。
(ここで時間のミスに気づきましたorz)


その間に僕は艦隊募集シャウトで組めそうな
PTないか探してました。


戦列艦シャウトが飛び交う中、
僕が入れるPT探すのは大変です。





・・・と思ったら意外と早く見つかりました。



りざっちも戻ってきたので(途中エラー落ちのアクシデントが)
集合場所の商人ギルドへ。



今回組むことになったのは
加世さん、フィスラーさん、かっこうさん、りざっち。



耐久が一番高い加世さんが提督をやることに。


次に高いフィスラーさんが護衛


かっこうさんはガレーなので突撃


りざっちは修理などのサポート・・・


ってこの流れでいくと僕は攻撃担当しかもクリ狙いですか?














僕戦ピンなのですがw


ま、まあこの艦隊は足止め担当らしいので
なんとかなるでしょ( ´ー`)フゥー...




さてファマガスタで最後の準備をしていよいよ大海戦開始!



今回イングは負け数を減らすため最初の15分は
精鋭艦隊以外青ゾーン待機の作戦に。


しかし、青ゾーン密集してるためかラグい。
非常にラグい!


どのくらいラグいかと言うと提督の加世さんが
洋上で落ちちゃうくらい。


肝心の戦闘の方は15分過ぎても適当な艦隊いなくて
さまよっていました。


開始30分過ぎくらいに補給を繰り返しながら戦い、
計3戦しました。




1戦目:位置取りはよかったのですが、こちらに
向かってくる敵艦にあせって旋回し一撃クリで撃沈;;
しかし、提督が離脱したため引き分け。


2戦目:開始早々提督の「逃げろ」の号令に急旋回。
今回は撃沈は免れたが、りざっちとかっこうさんが拿捕、撃沈。
戦況判断した提督が離脱したので引き分け。


3戦目:始まった瞬間敵船と接触。なんとか拿捕は免れるものの、
すぐにクリ食らって撃沈;;位置取りが悪いところで
強襲されたため提督も拿捕され敗北(;つД`)





総括:提督の戦況判断が的確だったため、僕のような
   戦ピンがいる艦隊にしては善戦したと思う。
   
   しかし、それは結果論であって、個人的には

   ・プレイヤースキルの低さ
   ・PVP経験の足りなさ
   ・砲術スキル、全体的なLVの低さ
   を痛感しました。


海戦終了後、アテネ1番館で軽く反省会&お疲れ様会
行ってきました。
そして記念撮影をした後、
軽く談笑してこの日は落ちました。




最後にイング、ヴェネ連合、支援してくれた生産者の方々






お疲れ様でした!!



最近オチがないのは気にしない方向でw




おまけ:終了後のアテネ1番館での記念SS(右端の四人)
左から僕、りざっち、フィスラーさん、加世さん
(かっこうさんはファマガスタで落ち)






20051122040035.jpg

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eastwaterflat.blog20.fc2.com/tb.php/31-5c8449de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。